<<次の記事 前の記事>>

錦帯橋 その2

 寒い日が続くなぁと思ってたら、急に昨日の日中から暖かくなって、なんだか冬が続かないって感じがしますね。今年は、あまり暖冬傾向では無いという話だったんですが、どちらかというと暖かい日が続いてる感じがします。天気と言えば、『アメダス』が新しいシステムになるそうで、従来10分単位での計測だったのが、10秒単位で計測出来る様になるそうです。更に、それらの情報をインターネットで公開するっていう話ですから、面白そうです。
 こういうなんてことない情報ですけど、見てると結構はまるもので、ウェザーニュースの過去の実測値や、気象庁の過去の情報なんかを見てると結構飽きないものですよ(私だけかナ)。でも、それらを見ていて驚くのが、やはり気温が上がってるってこと。実感出来るぐらいになっているわけですから、もっともっと真剣に考えないといけないんだなぁって、改めて感じます。

 では、錦帯橋その2です。

 とりあえず、昼食ということで、錦帯橋の袂にある『むさし』で、岩国寿司のセットをいただきました。寒かったので暖かいものと思ったのですが、やはり名物をいただきたいってことで、岩国寿司となってしまいました。例えるならば、岡山の祭り寿司を押し鮨にした感じでしょうか。おいしくいただきました。

 その後、ロープウェイで城山に登り、昭和30年代に再建された岩国城に向かいました。岩国は、藩としては認められなかったそうで、あくまで毛利藩の支藩扱いだった為、岩国城は、一国一城令の際に、取り壊されたとのことでした。岩国の町が一望出来るところに立っているわけですが、風景としては、天守閣から見るよりも、ロープウェイの降り場から構図的に美しい感じに思いました。
 ちなみに、岩国城では刀剣などの展示もされていましたが、あま説明がされていないので、ただ展示されているだけって思えたのは、ちょっと残念でした。
 そうそう、城山へは、ロープウェイだけでなく、徒歩で登ることも可能です。私は、錦帯橋とロープウェイ往復、天守閣のセット券を購入したので、往復ともロープウェイだったのですが、歩いて城山を往復するのも、いいかも知れません。

 ロープウェイを下り、今度は紅葉谷公園に向かうことにしました。吉川家の墓所があり、初代当主から第18代まで様々なお墓が並んでいます。一つ一つ見ていたのですが、寿命が千差万別なのに驚きでした。ちょっと気軽に見ていたのですが、結構意地になって見てまわりました。それにしても、立派な墓標ばかりで、さすがは岩国を統治されていた吉川家だと感じた次第です。初代の墓が、少し離れた裏山にあったのには、ちょっと驚きました。
 紅葉谷公園の奥には、岩国ユースホステル、手前に洞泉寺と永興寺があります。永興寺では、庭園を公開されていました。

 そこから、水路沿いを歩いて、錦帯橋に向かいます。ちょっと、休憩にということで、先程の『むさし』でいただいたソフトクリーム割引券を使って、大正ロマンというソフトクリームをいただきました。バニラソフトに、きな粉をふりかけ、そこに黒蜜をつけたものだったんですが、きな粉が飛びまくって、食べにくいんですよねぇ。味は、悪く無いんですが・・・(^^ゞ
 以前にも紹介しましたが、こちらは100種類のソフトクリームがありますから、迷ってしまいますが、一番人気は、北海道ミルク味だと言うから、なんだか・・・ですねぇ。
 錦帯橋を再度わたり、橋の下の駐車場の屋台を見て回ります。しっかりとした鶏のモモ肉の焼き鳥がおいしそうに見え、思わず購入しました。柔らかい肉質で、屋台と侮ったらいかんなぁって思います。そういや、この角度から見る、錦帯橋は初めてだなぁって思いました。日本三名橋、三大奇橋といわれる錦帯橋ですが、やはり見事だと思いました。

 4時過ぎになったので、周辺でお土産を購入。1時間半ほど時間が余った格好になります。5時40分頃のバスに乗ろうかと思っていたので、それまでお土産屋さんを回って時間潰しでも・・・と思ったのですが、5時頃に閉店するお店が多く、喫茶店も同様。錦帯橋から、市役所方面に歩いていくと、椎尾八幡宮があったので、そこに参拝し、たき火で暖を取りました。それでも時間が余るので、臥竜橋方向に歩いて、そこからまた錦帯橋に向かうといった感じで、周辺散策をしました。商店街の中の妙に広い車道がちょっと珍しいなと思う程度で、お店が開いているわけでも無いので、本当に暇を持てますと言った感じでしたが、無事5時半。予定通りのバスに乗り、新岩国から新幹線で帰宅しました。

 ちょっと、時間的に暇をもてあました感じもあるのですが、これは気温が低かった為とも言えます。お正月以外だったら、美術館も開いているし、やはり一日ゆっくりと散策したいところですね。ある意味ゆったりと、錦帯橋を楽しめたので、これはこれでいいお正月の一日でした。

| 旅行::中国地方 | 11:00 PM | comments (x) | trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.00180.net/brt/blog/tb.php/288

トラックバック

PAGE TOP ↑

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<前月 2018年11月 次月>

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

NEW ENTRIES

RECENT TRACKBACK

CATEGORIES

ARCHIVES

LINK

PROFILE

OTHER

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)